就活の武器

【就活生必見】キミスカでプラチナスカウトをもらう8つの裏技を公開

悩む就活生
悩む就活生
  • キミスカの使い方が知りたい
  • スカウトをたくさんもらうコツが知りたい
  • プラチナスカウトが欲しい

という要望の応える記事です。

キミスカを使う前に情報を知っておきたい人、使い始めたけど思うようにスカウトがもらえない人を対象に書いています。

この記事では

  • キミスカへの登録方法
  • キミスカの登録直後にすべきこと
  • キミスカでプラチナスカウトを8つの裏技

について解説しています。

ちなみに僕は自分でいうのもなんですがこんな人間です。

  • 前職は大手人材会社に約3年勤務後、
    採用コンサルタントに転職して5年目
  • 就活支援をした学生は100名を超え
  • 約10社の採用担当者を兼務して
    2020採用では2,000名を超える就活生と出会う
  • 2021卒採用真っただ中

だから採用担当者がどんな人を採用したい!と思うのかよーくわかります。

これまでに就活でアドバイスした就活生も今では当時第一志望だった会社で楽しそうに働いています。

そんな僕が今回はキミスカの使いたのコツについて解説します。

この記事を読み終えれば

  • キミスカ登録直後の進め方がわかる
  • 採用担当者がプラチナスカウトを出してでも、来てほしい!思うプロフィールが書ける

ようになります。

もうすでに登録が住んでいて、すぐにでもプラチナスカウトをもらう裏技が知りたい人はこのボタンを押してください。

裏技までジャンプすることができますよ。

キミスカの裏技までジャンプする

忙しい方もいると思うので、この記事の結論も用意しておきます。

キミスカの使い方まとめ
  • キミスカ登録直後には基本情報と写真、簡単に自己PRを入力して適性検査を受けること
  • プラチナスカウトをもらうためには8つの裏技がある
  • 就活を効率化させるためにスカウトアプリは複数登録をすること

もしキミスカにまだ登録していなければぜひ登録をオススメします。

公式サイトとキミスカについて解説した個別記事はこちらです。

  • 簡単1分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 キミスカ公式HPへ

リンク先:キミスカをコンサルタントが本音で解説

利用者77,000人突破!2021卒・2022卒受け付け中

(アフィリンクを貼る)

キミスカの登録方法とは?簡単3ステップ

キミスカへの登録は簡単です。

キミスカの登録方法① キミスカの登録方法②
  1. 2021年卒、2022卒どちらかの年度を新規登録をぽちり
  2. メールアドレス、パスワードを入力
  3. メールを受信後、プロフィール入力へ

 

就活生はキミスカのサービスをすべて無料で使えます。

もっとキミスカのサービスについて知りたい方は詳しく解説した記事のキミスカをコンサルタントが本音で解説【メリットデメリットあり】があります。

  • 簡単1分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 キミスカ公式HPへ

リンク先:キミスカをコンサルタントが本音で解説

利用者77,000人突破!2021卒・2022卒受け付け中

キミスカの登録直後にすべき4つのポイント

キミスカの登録直後にすべき4つのポイント

キミスカに登録した直後はこれから紹介する4ポイントをまずやっておきましょう。

  1. 基本情報の入力
  2. プロフィール写真の登録
  3. 自己PRの入力
  4. 適性検査を受ける
いきなり適性検査を受けたい人もいると思いますが、②と③をしていなければ適性検査を受けることはできません。

③の自己PRですがこの段階では詳細に入力しなくてOKです。

適性検査の内容を踏まえて自己PRを変える可能性があるからです。

簡易的な登録でかまわないので「がんばります」など一言だけでOK。

入力しておけば適性検査を受けることはできるので、とりあえず簡単に入力しちゃいましょう。

キミスカのスカウト制度について知っておこう

キミスカのスカウト制度について知っておこう
就活女子
就活女子
適性検査の結果が分かったから、次はプロフィールを入力すればいいのよね?
ぽちた
ぽちた
ちょっと待った!その前にまずはスカウト制度の仕組みを知っておこう!

すぐにでもプロフィールを入力し始めたい気持ちはよくわかりますが、まずはスカウトの仕組みについて頭に入れておきましょう。

キミスカのスカウト制度

ご覧の通りスカウト制度には3種類あります。

  1. 通常のスカウト:1か月に無制限
  2. 本気スカウト:1か月に100件まで
  3. プラチナスカウト:1か月に30件まで

ここで理解しておきたいのはプラチナスカウトをもらうことができれば、

プラチナスカウト→本気スカウト→スカウトの順で企業側からの関心度が高いということです。

プラチナスカウトは企業側からの興味関心がめちゃくちゃ高いということなので、選考で優遇される可能性もあります。

ぜひプラチナスカウトがもらえるようなプロフィールを目指しましょう。

プラチナスカウトをもらう8つの裏技

プラチナスカウトをもらう8つの裏技

いよいよこの記事のメインコンテンツです。

プラチナスカウトをもらうためには8つのポイントを押さえておきましょう。

プラチナスカウトをもらう8つの裏技
  1. プロフィール入力を100%を目指すこと
  2. アピールしたい内容に合わせて写真を変更すること
  3. 基本プロフィールは嫌なものにチェックをつけない
  4. 自己PRは採用担当者が好きな話題を選ぶ
  5. 学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は加点要素を意識
  6. 選考状況は受けた企業をすべて登録
  7. 会社選びの軸は嘘偽りなく
  8. 詳細プロフィールはすべて埋める姿勢を

プラチナスカウトをもらう裏技①:プロフィール入力を100%を目指すこと

まず1つ目は基本的な内容です。シンプルですがこの方法は外せません。

キミスカの公式サイトでも入力を100%を目指すことがオススメされています。

90%を超えればプラチナスカウトがもらう圏内に入ってくるようです。

プラチナスカウトをもらう裏技②:アピールしたい内容に合わせて写真を変更すること

最初に写真を登録しましたが、必要であれば写真を変更しましょう。

プロフィール写真はアピールしたい内容を表現する1つのツールだということ。

「真面目さ・勤勉さ」を伝えたい→通常の証明写真

「行動力・積極性」を伝えたい→自己PRで内容を伝え、そのシーンの写真を選ぶ

この視点が大切です。ということなので自己PRの内容が決まった後に写真については考えましょう。

そしてキミスカのプロフィール写真のダメな例もあります。

  • プロフィール写真なし
  • 集合写真(どれが自分なのか伝わらない)
  • アニメやゲームの写真(本院が特定できない)

悪い例の写真を使うことはオススメしていません。

僕が採用担当者であれば悪い例に当てはまる就活生にはプラチナスカウトは出しません。

プロフィール写真はアピールしたい内容を表現する1つのツール

プラチナスカウトをもらう裏技③:基本プロフィールは嫌なものにチェックをつけない

基本プロフィールは氏名などの個人情報のほかに、以下3つを記入します。

  1. 希望業種
  2. 希望職種
  3. 希望勤務地

この3つを入力するときに意識することは、やりたくないものにチェックをつけないということです。

たぶん、なにも意識しなければやりたいものにチェックをつけるようになると思います。

悩む就活生
悩む就活生
え?それのなにがいけないの?
ぽちた
ぽちた
それだとスカウトの幅が減っちゃうんだよねー。

キミスカの基本プロフィールで重要なのはやりたくないものにチェックをつけないこと。

つまりどっちでもいいものであればとりあえずチェックをつけておくということです。

本当は金融であれば、銀行にしか興味はないけど金融業界の候補にある
銀行、証券、保険、クレジット・その他金融にもチェックを入れる

金融業界は銀行にしか興味がないので、銀行しか選ばない

志望する企業の範囲を狭めるのではなく、とりあえず様子見のうちは広げておきましょう。

この後の手順通りキミスカの登録を進めておけば、めちゃくちゃスカウトが届きます。そうなれば、チェックのハードルを上げていけばOKです。

先ほどの例でいえば、金融業界のチェックのうち保険は外してみるということです。

スカウトが届いた後に、選考に参加するかどうかは選べるのでこの段階で特に絞る必要ありません。

志望業種、志望職種、希望勤務地でどちらでもいいものはとりあえずチェック

プラチナスカウトをもらう裏技④:自己PRは採用担当者が好きな話題を選ぶこと

自己PRはスカウトをされる際に最も評価されるポイントです。

文字数は300文字~400文字程度、履歴書に記入する分量だと思えばOK

自己PRは自分をアピールする欄ですが、採用担当者の興味を持っている話題を押さえているかどうかで大きく結果が変わります。

採用担当者が興味ある話題
  • 成功や失敗から学んだ経験
  • 挫折を乗り越えた経験
  • 継続して取り組んだ経験
  • 自ら考え行動した経験
  • リーダーシップを発揮した経験
  • 特定分野の専門性や興味関心

このあたりのどれかの話題を書いておけばOKです。

悩む就活生
悩む就活生
自慢できる自己PRなんてないよ…
ぽちた
ぽちた
大丈夫、自己PRで大切なのは自慢できることじゃないよ

自慢できる自己PRがないと落ち込む就活生もよくいますが、採用担当者としては自己PRの内容で重視しているのは、「再現性」です。

大切なのはすごいことをやったということではなく、入社後に活躍できるかどうかですから。

人に自慢できる自己PRがないと悩んでいるなら、

自己PRについては【自己PRの強みがない人へ!】就活で伝えるべきなのは再現性ですで解説しているので、興味があればご覧ください。

採用担当者の興味がある話題にすれば、スカウトされる率がUPする

プラチナスカウトをもらう裏技⑤:学校時代に力を入れたこと(ガクチカ)は加点要素を意識

自己PRと同じぐらいガクチカも重要です。ガクチカを書く際は意識することが2つあります。

  1. 最低限ポイント押さえること
  2. 加点要素を加えること

まず①最低限ポイントは状況設定を分かりやすくすることです。

わかりやすく伝えるポイント
  • 誰が(Who)
  • いつ(When)
  • なにを(What)
  • どこで(Where)
  • なぜ(Why)
  • どうやって(How)

俗にいう5W1Hを抑えるということです。最低限ここは押さえておきましょう。

またガクチカで良く取り上げられているシチュエーションは以下の通り。

  • 勉強関連:授業、ゼミ、研究室
  • アルバイト
  • サークル・部活
  • 留学経験
  • 課外活動:学生団体、ボランティア、地域の活動

よければ参考にしてください。

そして②の加点要素ですが加点になるには4要素を押さえておきましょう。

加点になる4要素
  1. どんな目標を立てたのか
  2. どんな工夫をしたのか
  3. どんな結果(実績)になったのか
  4. どんな学びを得たのか

①と②を押さえておけばよいガクチカが書けます。

ガクチカは5W1Hを意識して、加点4要素を盛り込む

プラチナスカウトをもらう裏技⑥:選考状況は受けた企業をすべて登録しておく

キミスカだけですが、これまで受けた選考をアピール材料にすることができます。

プラチナスカウトをもらう裏技⑥:選考状況は受けた企業をすべて登録しておく

この機能を無視するのはもったいなさすぎます。記入するといっても

  • 企業名
  • 筆記試験、面接など入力候補を選ぶ
  • 第〇志望と入力して、理由を記入

これだけです。やっぱり採用担当者が気になるのはこの子にプラチナスカウトしても本当に大丈夫なのか?ということなんです。

そこを後押しするのが選考状況です。

採用担当者
採用担当者
お!この会社の最終選考まで残っているのか。じゃあ人物的には大丈夫なんだろう。
採用担当者
採用担当者
お!これは同業他社の選考も受けているのか。だったらうちも希望してもらえるかもしれない。

こんな感じで選考状況から色々なことを考えてスカウトするかどうかを判断してます。

最後のダメ押しに役立つのが選考状況なので出来るだけたくさん情報を記入しましょう。

受けた選考情報をすべて登録して、スカウトに迷う採用担当者にダメ押しを!

プラチナスカウトをもらう裏技⑦:会社選びの軸は嘘偽りなく

キミスカの会社選びの軸

会社選びの軸は選択肢から第一志望から第三志望まで選べます。

ここは正直に自分が優先したいものを選んでいきましょう。

次に会社規模ですがまずはこだわらないを選んでおけばOKです。

先ほども説明したようにめちゃくちゃスカウトが届くなら、会社規模の選択肢を選びなおせば大丈夫です。

結局スカウトを受けるかどうかは最後に決めることができるので、ここで厳選しておく必要はありません。

会社選びの軸は嘘偽りなく、会社規模はまず「こだわらない」にチェックを

プラチナスカウトをもらう裏技⑧:詳細プロフィールで書けるものは全部書く

最後は詳細プロフィールを入力できる項目はすべて入力するということです。

プロフィールを入力率100%を目指すのなら必要なことですからね!

残りの記入できる内容は

  • 資格
  • TOEIC
  • 開発経験
  • 趣味

これらの項目について簡単に補足しておきます。

詳細プロフィール:資格

もし資格を持っていなければ記入しなくてもOKです。

ですが持っているならすべて書きましょう。最大5つまで入力することが可能です。

詳細プロフィール:TOEIC

海外勤務を希望するのであれば入力必須な項目です。基準点は750点以上あればとりあえず安心できます。

特に海外勤務を希望するつもりがないのであれば、入力しなくてもOKです。

もしTOEICの点数が400点か以下なら個人的に入力しないことをオススメします。

僕はTOEICの点数が悪かったので一度もアピールしたことはありませんでした(笑)

詳細プロフィール:開発経験

IT系に詳しいのであれば、入力しておきましょう。

ただIT系を目指さないのであれば入力しなくても問題はありません(笑)

詳細プロフィール:趣味

説明会や面接前の雑談に使う際に、採用担当者が確認します。

読書、映画鑑賞、スポーツ(野球、サッカー)などのように2,3個書いてば十分です。

ゲーム:採用担当者と話が広がり辛い可能性があるため

ギャンブル:面接官によっては印象が悪くなるケースがあるため

  • 簡単1分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 キミスカ公式HPへ

リンク先:キミスカをコンサルタントが本音で解説

利用者77,000人突破!2021卒・2022卒受け付け中

効率よく就活を進める裏技

効率よく就活を進める裏技

最後に就活を効率よく進めるアドバイスです。

キミスカに登録することも大切ですが、スカウトサイトを複数登録しておくことも大切です。

キミスカからしかスカウトをしない企業もあればオファーボックスからオファーを出さない企業もあります。

よい会社と出会うために両方登録しておけばばっちりですね。

オファーボックスについてはオファーボックス(OfferBox)を丁寧に解説【評判あり】で解説しています。

興味ある方は公式サイトへどうぞ。

  • 簡単1分登録
  • 別途料金は発生しません


無料
オファーボックス公式HPへ

リンク先:オファーボックスをコンサルタントが丁寧に解説

2021卒12万人突破!大手からベンチャーまで6,360社が利用中!

まとめ:裏技を使い、プラチナスカウトをもらおう

プラチナスカウトをもらう裏技8つをすべて実施して放置しておくだけで、プラチナスカウトが届きます。

キミスカのプロフィールをすべて入力するのは正直、大変です。

でもちょっとだけ考えてみてください。就活で企業の選考を受けるたびに、エントリーシートや履歴書を書きますよね。

ほとんどの場合が1社につき、1枚ずつです。でもキミスカのプロフィール登録は違います。

キミスカへの登録1回分はキミスカを利用しているすべての企業にエントリーシートを出したといことと一緒です。

1回の労力でいつもの就活の何十倍、何百倍の効率があるということです。

就活を成功さえるために、ぜひこの1回を腰を据えて本気で取り組んでほしいです。

かなり丁寧い説明したので長くなりました。もう一度ポイントだけ振り返ります。

プラチナスカウトをもらう8つの裏技
  1. プロフィール入力を100%を目指すこと
  2. 自己PRに合わせたプロフィール写真を選ぶこと
  3. 基本プロフィールは嫌なものにチェックをつけないこと
  4. 自己PRは採用担当者が好む話題を盛り込むこと
  5. ガクチカは加点要素を盛り込むこと
  6. 選考状況の欄は選考を受けたすべての企業を書くこと
  7. 会社選びの軸は嘘偽りなく記入すること
  8. 詳細プロフィールはすべて埋める努力をする

これを意識するだけで、全然スカウト率が違います。ぜひ実践してください。

最後にまとめです。

キミスカの使い方まとめ
  • キミスカ登録直後には基本情報と写真、簡単に自己PRを入力して適性検査を受けること
  • プラチナスカウトをもらうためには8つの裏技がある
  • 就活を効率化させるためにスカウトアプリは複数登録をすること

ぜひ裏技を使い、キミスカを効率的に使いましょう!

あなたの就活が成功することを祈っています。

  • 簡単1分登録
  • 別途料金は発生しません

無料 キミスカ公式HPへ

リンク先:キミスカをコンサルタントが本音で解説

利用者77,000人突破!2021卒・2022卒受け付け中

オススメ:採用コンサルタントが選ぶ就活エージェントオススメ8選【新卒向け】

オススメ:【あなた以外は知ってる!?】就活を成功させるオススメツール7選

0