就活の準備

【保存版】毎年2千人の就活生と出会う僕が伝えたい自己分析の方法

悩む就活生
悩む就活生
  • 自己分析のやり方が分からない
  • 色々調べてみたけど、結局何からすればいいの?
  • 簡単に自己分析をする方法が知りたい

そういった悩みをこの記事では解決します。

悩む就活生
悩む就活生
本当にこれでいいのかなぁ…

と手探りながら自己分析をしている就活生と毎年本当に良く出会います。

今は自己分析についての情報があまりに多すぎるので結局、じゃあどうすればいいのかよくわからない人もたくさんいるはずです。

ということなので今回は僕が就活生にいつもしているアドバイスを記事にまとめました。

ちなみに僕の経歴は以下のとおり。

  • 前職は大手人材会社に約3年勤務後、
    採用コンサルタントに転職して5年目
  • 就活支援をした学生は100名を超え
  • 約10社の採用担当者を兼務して
    2020採用では2,000名を超える就活生と出会う
  • 2021卒真っ最中

この記事では

  • 自己分析とは
  • 自己分析の目的、ゴール
  • 自己分析のオススメな方法
  • 自己分析の注意点

を就活を始めたばかりの方を対象として書いています。

1つずつ丁寧に解説していきますので、すぐにオススメな方法が知りたい!という方はこちらのボタンを押してください。

ぽちた式自己分析の方法へ

忙しい方もいらっしゃると思うのでこの記事の結論を書いておきますね。

自己分析ついてまとめ
  • 自己分析の目的は2つ
    ①自分が活躍できる環境を知ること
    ②第三者に魅力的な人材と伝えるための情報を集めること
  • 自己分析は多方面からアプローチして精度を上げることが大切
  • 簡単に自己分析をしたいなら自己分析ツールを利用すること
  • 質の高い自己分析にはストレングスファインダーと絶対内定が不可欠
  • 1から自分で自己分析をしようとすれば失敗しやすい

自己分析とは自分について理解をすること

自己分析とはなにか

自己分析を一言で説明するなら自分はどんな人間なのかを理解することです。

そのために自己分析では自分の過去を振り返ります。

  • どんなときに嬉しかったのか
  • どんなときに悲しかったのか
  • どんなときに腹が立ったのか
  • どんなときに楽しかったのか

過去を振り返るのは、心の動きを知り自分の価値観に気づくため。

価値観に気づけば、就職先候補の25,890社(2020年3月1日時点のマイナビ掲載企業数)から自分にピッタリな会社を選ぶことができます。

自己分析の目的は相手に自分を伝えるための情報収集

理想的な会社を見つけても、かならず入社できる保証はありません。

魅力的な会社であればあるほど、もちろんライバルも多いです。

ライバルではなく、自分を選んでもらわなくちゃいけません。

しかも面接官はほとんどの場合がはじめましての大人たちです。

だから就活では初対面の人に短時間で自分について分かりやすく、魅力的に伝えなくちゃいけません。

(選ばれる画像を入れる)

分かりやすく、魅力的に伝えるためには必要なこと2つあります。

  1. 自分自身について理解していること
  2. 情報に説得力を持たせるエピソードがあること

勘のいい人なら気づいているかもしれませんが、この2つは自己分析をしっかりとできていれば勝手にクリアしています。

つまり理想的な就職先を選び、そこから内定をもらうためには自己分析は必要不可欠ということです。

その他の自己分析のメリットはこちらで解説しています。

自己分析って意味ない?3つのメリットと必要ない人の特徴を紹介

就活生の2人に1人は自己分析について後悔する理由

自己分析が重要だというのは就活生であればだれでも知っています。

事実、21卒の就活生が2月までに準備したことで最も多かったのが自己分析です。

21卒就活準備

(引用):株式会社ディスコ

これほど重要な自己分析ですが、自己分析に悩む就活生がめちゃくちゃ多い。

19卒就活後悔したこと

(引用):キャリタス就活2019

2019卒就活生の約6割が自己分析について後悔をしています。

ほとんどの就活生が重要だと知っているのに、どうして後悔する人が多いのでしょうか?

その理由は大きく2つ。

  1. 自己分析のゴールがよくわからない
  2. 自己分析の方法がわからない

だからこの記事ではこの2つをメインで解説します。

自己分析のゴール【質の高いを作る自己分析5つの条件】

自己分析のゴール【質の高い自己分析5つの条件】

まずはゴールをはっきりさせましょう。

ゴールが分からないのは、目的地がわからないままマラソンをするようなものです。

ゴールについておさえるべきポイントは5つ。

自己分析の5つのチェックポイント
  1. 自己分析の結果に自分自身が納得できていること
  2. 明確な答えが出ていること
  3. 面接でよく聞かれるポイントを押さえていること
  4. 多方面からアプローチをしていること
  5. 時間をかけていること

チェックポイントなのですべてOKになることが理想です。

ただおさえるべきポイントは①~⑤の順で大切です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

自己分析ってどこまでやればいいの?5つのチェックポイントを公開

ぽちた式自己分析の方法

ぽちた式自己分析の方法

さてここからはお待ちかねの自己分析の方法についてです。

僕がいつも就活生にアドバイスする自己分析の方法は2パターンあります。

ぽちた式自己分析の方法は2つ
  1. 【就活の負担を減らしたい学生向け】簡単な自己分析の方法(5ステップ)
  2. 【大手企業を志望する学生向け】質の高い自己分析をする方法(9ステップ)

つまり簡単に自己分析をする方法が知りたい方は①
じっくり自己分析に取り組みたい方は②を選んでもらえればOKです。

自己分析はなにをどの順番で取り組むかで、結果が大きく変わります。

【就活の負担を減らしたい学生向け】簡単な自己分析の方法

このやり方のメリットは簡単に自己分析で必要なポイントを押さえることができることです。

簡単な自己分析がオススメな人
  • 時間がないから早く自己分析を終わらせたい
  • できるだけ楽して就活を終わらせたい
  • 自己分析ってどういうものなのか体験してみたい

もしあなたが当てはまればピッタリな方法です。

簡単な自己分析の方法
  1. 自己分析ツールを複数利用
  2. ポイントの把握
  3. 理由の書き出し
  4. 根拠の書き出し
  5. エピソードの整理

具体的にどうやるのかはこちらの記事で解説しています。

【できるだけ簡単に】自己分析オススメの方法を5ステップで紹介自己分析の方法を探してみたけど、よくわからない!という方向けにできるだけ簡単に分かりやすく現役コンサルタントの僕が解説しました。これまで100人以上にしたアドバイスなので、ある程度の実績はあるはずです。よければ参考にしてください。...

【大手企業を志望する学生向け】質の高い自己分析をする方法

このやり方をオススメしたいのは大企業から内定が欲しいと考えている人です。

質の高い自己分析をする方法がオススメな人
  • 大手企業から内定が欲しい
  • 自己分析を本気でやりたい
  • 自己分析で周りと差をつけたい

この通りに進めれば大手企業から内定をもらうことも夢じゃありません。

  • 証券会社
  • 素材メーカー
  • 医療品メーカー
  • 金融機関

2020卒採用で支援した就活生たちのなかでもこの方法で有名な企業から内定をもらった人もいますのでぜひ参考にしてください。

質の高い自己分析をする方法
  1. 自分がどんな人間なのかデータを集める
  2. 自分のプロフィールを作る
  3. プロフィールを客観的にみて、どの仕事を紹介したいのかを考える
  4. 紹介した仕事でどんな適性が発揮できそうか考える
  5. たくさんの出会いを経て改善する

具体的にどうやるのか、どんなツールを使うのかはこちらの記事で詳細に解説しています。(内部リンクを貼る)

自己分析の王道な方法6選

自己分析の王道な方法6選

僕が紹介したやり方以外にも自己分析の方法はあります。

自己分析の方法6選
  1. 自分史
  2. マインドマップ
  3. モチベーショングラフ
  4. 他己分析
  5. 自己分析ツール
  6. 書籍

各方法の大まかな特徴を比較しました。

 

(特徴の比較表を作成する)

自己分析の方法①:自分史

自分史とは過去を振り返り、自分がどんな価値観を持っていたのかを確認する方法です。

自分史の特徴は

  • 紹介する6つの中で作成に時間がかかる
  • 紹介する6つの中で過去を最も詳しく振り返ることができる

ということです。自分史を作る過程は以下の通り。

  1. Excelにフォーマットを入力する
  2. フォーマットに内容を記入する
  3. 過去を振り返った気付きをメモする

自分史をノートや書籍に直接書き込んで作る人もいますが、僕はパソコンでつくることをオススメしています。

  • 新たに項目を追加したり、誤字を修正するのが簡単
  • データなので共有しやすく、フィードバックしてもらいやすい
  • 手書きよりも読みやすい

自分史について詳しくはこちらで解説しています。(内部リンクを貼る)

自己分析の方法②:マインドマップ

自己分析の方法②:マインドマップ

マインドマップの特徴は1つのテーマからたくさんアイデアを書き出すときに役立つことです。

マインドマップを使うなら

  1. 考えるべきテーマを記入する
  2. テーマから思いつきたい項目を隣に書く
  3. そこからイメージする内容を記入してく

の順番で使うとOKです。

僕は仕事でよくマインドマップを使っているんですけど、とっても便利ですよ。

詳しくはこっちの記事で解説してますので、興味があればどうぞ。(内部リンクへ)

自己分析の方法③:モチベーショングラフ

自己分析の方法③:モチベーショングラフ

モチベーショングラフの特徴は、自分史ほど時間はかからないものの大まかに自分の過去を振り返り、自分のターニングポイントを整理することができることです。

自分の歴史を客観的に見たい時には参考になる方法です。

モチベーショングラフも自分史と同様に手書きで書かれることが多いですが、僕はExcelで作成することをオススメします。

  • グラフを修正するのが簡単
  • データで作成しておけば、簡単にシェアできるので相談しやすい
  • 一度フォーマットをつくれば、新しく何度でも作り直すことができる

自己分析の方法④:他己分析

自己分析の方法④:他己分析

他己分析の特徴は相手から自分がどう評価されているのかを知ることができることです。

家族、恋人、友達、アルバイト先の先輩、サークルの後輩など関係性が異なる人からできるだけたくさん答えてもらえると効果的です。

他己分析をするときは、質問事項を統一しておくことが重要です。

いきなり問題を作ることが難しいのであれば、OfferBoxの適性診断360度がオススメです。

  • 自分で他己分析の設問を考えなくてよい
  • 100問の設問に答えてもらうことで、詳細に他己分析ができる
  • OfferBox利用者同士であれば、簡単に診断をしてもらえる

詳しくはこちらで解説しています。

【コンサルの本音】自己分析アプリでOfferBoxがオススメ?

自己分析の方法⑤:自己分析ツール

自己分析の方法⑤:自己分析ツール

最近では無料で簡単にできる自己分析ツールというものがあります。

自己分析ツール例
  • リクナビ診断
  • 超精密性格診断エムグラム
  • ポケモン自己分析
  • 適職診断キャリアインデックス
  • 適職診断MATCH

アプリやサイトに登録させしてしまえば簡単に利用できるものがほとんど。

短時間で簡単に自分のことを知ることができることが自己分析ツールの特徴です。

ただ自己分析ツールによってはすでに用意された数パターンからあなたはこれ!と選ぶだけの診断ツールもあります。

そういった診断ツールの精度は星座別占いぐらいの的中率ですので、過信してはいけません。

どの自己分析ツールにするかは、やっぱり利用者の声を参考にするのが一番です。

利用者の声を集めた記事はこちらです。

自己分析の方法⑥:書籍

自己分析の方法⑥:書籍

自己分析に役立つと言われている書籍もあります。

色々と書籍はありますがまず僕が就活生にオススメしているのはこの2冊。

さぁ、才能に目覚めよう

自己分析本として代表的な1冊。才能を診断するための本だとほとんどの就活生は認識しているほど人気の本です。

この本にはアクセスコードがついており本書の34の才能のうち、自分の上位5つの才能を診断することができます。

ちなみに僕は自己分析マニアなので、6000円払って34の才能すべて診断できるVIPプランも受講しました(笑)

その時の一部のデータがこちら。

ストレングスファインダーの結果

過去200万人の成功者から統計的にデータを取ったものなので、僕が知っている中で一番信頼できる診断ツールです。

さぁ才能に目覚めようがオススメな理由
  • 新書に記載されているアクセスコードを使えば、200万人のデータから割り出された才能診断を受けることができる
  • 診断後は才能の解説があり、自分の強みに気づくヒントが得られる

絶対内定2022 自己分析とキャリアデザインの描き方

名前がすごい。「絶対内定」なんとページ数は564ページ。

その中でワークシートは約150ページ。それだけでこの本の凄さが伝わる。

この本のワークシートをすべて記入するだけでほぼ完ぺきな自己分析ができます。

色々な自己分析本を買うよりも、まずはこの一冊を買うべきです。

絶対内定がオススメな理由
  • 自己分析で使うSTEP1~STEP6までのワークシートの内容が超充実
  • 先輩たちのワークシートも記入されており、自分の自己分析と見比べることができる
  • 自己分析の本なのに企業研究の方法まで具体的に分かりやすく手順が書かれている

【初心者に伝えたい】自己分析の5つの注意点

【初心者に伝えたい】自己分析の5つの注意点

最後に自己分析を初めてこれからやろうとしている人に伝えたい5つの注意点を伝えます。

自己分析5つの注意点
  1. 最初から自分でやろうとしない
  2. 最初から自分史を作らない
  3. 長所なんてないと思いこまないこと
  4. 過去のトラウマで落ち込むこと
  5. 会社の求める人物像に沿って個性をゆがめないこと

自己分析の注意点①:最初から自分でやろうとしない

自己分析をいきなり自分でやろうとしてもうまくいきません。

自己分析が失敗する2パターン
  1. やり方がわからない→上手くできない→失敗する
  2. やり方がわからない→難しい→めんどくさくなる

大体自己分析に失敗するのはこのどちらかです。

失敗しない自己分析の始め方
  • 自己分析用の書籍を買う
  • 自己分析ツールを使う

このどちらかの方法で取り掛かれば自己分析は失敗しづらいです。

個人的には無料の診断ツールを使って自己分析をスタートすることがオススメです。

自己分析の注意点②:最初から自分史を作らない

自己分析の注意点②:最初から自分史を作らない

自己分析をするためにいきなり自分史を作ることをオススメされることもあるみたいですが、僕はオススメしません。

なぜなら自分史はかなり時間がかかるので完成すれば、自己分析を「やった感」が出てしまうからです。

自己分析は自分史を作ることが目的ではなく、自分について理解することが目的です。

自己分析ツールなどを使って「もしかしたら自分ってこういうところあるのかな?」と予想してから自己分析に取り掛かった方が効率的です。

自分史は情報を集めるための手段で目的ではないことを覚えておきましょう。

自己分析の注意点③:長所なんてないと落ち込まないこと

自己分析の注意点③:長所なんてないと落ち込まないこと

まず伝えたいのは長所がない人なんて存在しません。これははっきりと断言できます。

なぜなら長所と短所は表裏一体だからです。

長所の裏返しが短所、短所の裏返しが長所というわけです。

  • どんくさいと言われたことがある
    →頭の中で色々と考えて行動できる、慎重な考え方が出来ている
  • 人見知り
    →人と関わる怖さを知っている(不用意に人を傷つけることはありません)
  • 空気が読めない
    →自分の意見を持っている、自分の世界を持っている、ぶれない

長所がない人なんていないので、自分の長所ってなんだろう?とワクワクしながら自己分析をしてほしいです。

自己分析の注意点④:過去のトラウマで落ち込むこと

自己分析の注意点④:過去のトラウマで落ち込むこと

自己分析は過去の情報を集めなくてはいけないので、トラウマを思い出すことがあるかもしれません。

その時どうするべきなのか。すごくドライな言い方になりますが情報収集に徹することです。

  • 過去に置きた出来事、事実を集めることに徹する
  • その時どう思ったのか、理由を集めることに徹する

感情の波に流されることなく、事実だけを書き上げることを意識しましょう。

それが無理なら休憩してリフレッシュしてもOK。

ゆっくり焦らず自己分析を進めてください。

自己分析の注意点⑤:会社の求める人物像に沿って個性をゆがめないこと

自己分析の注意点⑤:会社の求める人物像に沿って個性をゆがめないこと

どうしても第一志望に入社したい!という想いが強すぎるために、自分らしさをゆがめて企業が求める人物像になり変わろうとする就活生がいます。

そんな人に伝えたいのは、そこまでして入社してもほぼ確実に不幸になるということです。

これは僕自身の仕事をした経験則とこれまで就活支援をした学生たちのその後を見ているから自信を持って言えます。

当たり前ですが社会人で働くということは、ほとんどの場合は1日8時間以上働きます。

大卒で入社をするのであれば少なくとも40年以上は働き続けます。

その間は本当の自分ではなく、仕事用の自分を演じ続けるのはほんとうに大変です。

もちろん就職活動に多少のウソはつきものです。

ですが限度があるのでもし自分の個性と求める人物像に違いがあるのであれば、別の道を考えることがオススメです。

まとめ:自己分析は何をどんな順番でやるのかが重要

ちょっと長くなりました。最後にこの記事のまとめです。

自己分析ついてまとめ
  • 自己分析の目的は2つ
    ①自分が活躍できる環境を知ること
    ②第三者に魅力的な人材と伝えるための情報を集めること
  • 自己分析は多方面からアプローチして精度を上げることが大切
  • 簡単に自己分析をしたいなら自己分析ツールを利用すること
  • 質の高い自己分析にはストレングスファインダーと絶対内定が不可欠
  • 1から自分で自己分析をしようとすれば失敗しやすい

 

オススメ:採用コンサルタントが選ぶ就活エージェントオススメ8選【新卒向け】

オススメ:【あなた以外は知ってる!?】就活を成功させるオススメツール7選

0