もし新卒で配属された部署が合わなかったらすべき3つのこと

中途採用
悩める新入社員
  • 配属された部署の仕事が楽しくない
  • 配属された部署の人たちが合わない
  • 毎日仕事に行きたくない

せっかく入りたい会社に入社できたとしても、配属された部署によって想像していたのと全然違ったということはよくある話ですよね。

今回はせっかく入社できたのに配属された部署が合わなくて楽しくない、職場の人たちとうまくいかないと悩んでいる人のための記事です。

この記事を読み終えるころには明日から自分がどんな行動をすればいいのかがよくわかると思いますよ。

新卒で配属された部署が合わないときにすべき3つのこと

まずは結論から書いていきますね。配属された部署が合わないと感じたときにするべきことは以下の3つです。

配属先が合わないと感じたときにすべき3つのこと
  1. 自分を変える努力をする
  2. 人事部に部署替えの相談をする
  3. 転職サイト・エージェントへ登録する

それぞれ具体的にどうすべきなのかを書いていきます。

新卒の配属先が合わないときにすべきこと①:自分を変える

配属してまだ日が浅いと部署に溶け込むのって大変ですよね。しかも全員自分より年上だし、なんて話しかけていいのかもよくわかりません。

分からないことを質問しようにも、全員忙しそうに仕事をしているので声をかけるにも申し訳ないと思ってしまう…。結局相談ができないので仕事が進まず、怒られてしまうそんなことってありませんか?

僕は前職でよくありました。こういうときはどうすべきかというと、まずは自分でとりあえず変わってみようと努力するのがいいと思います。

自分が部署の人たちと比べて暗くておとなしく、悪目立ちをしてしまっているのであればまずは自分から挨拶をするなどをして声をかけてみるということです。

自分から変わろうとしているという姿勢を相手に見せていくということが大切です。変わる考え方として他人は変えられないけど、自分は変えられるという選択心理学の考え方はとても役に立ちますよ。

僕が最初に選択心理学を勉強した本も紹介しておきます。

この方法は自分に多少ストレスと時間がかかります。だって自分を無理に変えようとすることですからね。ですがこの方法をある程度身に着けておくことができれば他にどこの職場に配属されたとしても、そこに合わせた自分に代わることができるので身に着けておいてもそんはないです。

新卒の配属先が合わないときにすべきこと②:人事部に異動願いを出す

人事部に異動願いを出せば部署異動することもできるでしょう。会社の規模が大きくなればなるほど、部署の調整にも時間がかかるので早めには出すことをおすすめします。

異動が増える時期は4月、7月、10月が肌感覚としては多かったように思います。このタイミングを見据えて、余裕をもって1か月よりは早く出しておけば余裕があると思いますよ。

ですが会社によっては配属〇か月しないと異動願いを出せないというルールもあったりしますので、それは事前に確認しておきましょう。

異動願いを出すことは受け入れるかどうかの判断を会社任せにしてしまうので不確実性が高いところがデメリットですが、一番簡単な方法なのでとりあえずやりやすいということがメリットですよね。

新卒の配属先が合わないときにすべきこと③:転職サイト・エージェントに登録する

入社直後にいきなり、転職サイトに登録ときくと少し抵抗を覚えるかもしれませんね。まだ1年も働いていないのに転職なんて大丈夫?と思ってしまうかもしれません。

ですがここで言う転職サイト・エージェントに登録するというのは転職活動をスタートするという意味ではありません。いつでも転職できるように準備を整えておくということです。

働きたくない職場に長期間通い続けなくちゃいけない状況はとてもストレスがかかります。そんな時に自分はほかの会社でも働くことができるんだという選択肢があるとないとでは感じるストレスが全然違います。

もっと言えば自分の希望にあう良い求人がすぐに出てくることはほとんどありません。自分の希望通りの求人が出てきたときにいつでもアクションができるように水面下で情報収集をしておくことが転職を成功させる秘訣です。

厳密にいうと、転職サイトとエージェントには違いがあります。転職サイトはいわゆる求人が載っているサイトです。就活生の時にリクナビ・マイナビを利用したと思うので、それに近いものだと思えば大丈夫です。

一方で転職エージェントとは転職を支援してくれるコーディネーターと一度面談をします。その後は希望通りの求人があるか自分の代わりに探してもらうことができます。

転職サイトはいったん登録しても自分が行動しなくちゃ、何も進展しないというデメリットがありますが、自分の進めたいスピードで進められるのでマイペースに進めていきたい方にはオススメです。

転職エージェントは一度面談しなければいけないのが手間だったり、こまめに連絡が来ることがわずらわしく感じる人もいるかもしれませんが、転職の情報収集については任せっきりにできることがメリットですね。

僕のおすすめの転職サイト・エージェントはDodaです。10万件以上ある求人数から専任のコーディネーターがそれぞれにあった求人を選んでくれますよ。

まとめ:将来の選択肢を増やすためにも転職サイトへ登録しておこう

さてそれでは今回の記事についてのまとめです。

まとめ
  • 新卒での配属先が合わなければ自分を変える努力をする、異動届けを出す、転職サイト・エージェントに登録すること
  • 転職サイトへの登録は転職活動のためではなく、事前の情報収集のため

合わない職場で我慢しつづけると、体調を崩してしまいます。最初は自分を変える努力をしてもいいとは思うんですけど、どうしても合わない時だってありますよ。そんな時は自分が活躍できそうな場所を探す情報収集をすることが大切ですよ。

実際に僕も職場を変えて今は楽しく仕事ができていますから、まずは一歩踏み出してみましょう。